アール株式会社

お知らせ

2020.7.07Webサイトリニューアルと Webサイト基礎構築プラン【PLUG(プラグ)】リリースのお知らせ

アール_Webサイト_TOP

 

本日、Webサイトリニューアル及び、Webサイト基礎構築プラン【PLUG(プラグ)】のリリースをここにお知らせいたします。

 

はじめに(新サイトリリースについて)

 

新型コロナウイルスは、2020年2月頃から日本にも影響を及ぼし始め、3月になると感染者は増加し、首都圏をはじめとする多くの企業にも影響がではじめました。これまで国をあげて推進していた「働き改革」や「DX(デジタルトランスフォーメーション)」に対しても、いわば強制的に強いられた感覚で、大変ストレスのかかるものだったと想像します。

 

4月7日には全国に「緊急事態宣言」が発令され、急激な売上・客数の減少、臨時休業などで社会経済の状況はさらに深刻化し、経営者にとって非常に厳しい現実をつきつけらた瞬間でもありました。しかし、こうした状況下でも「経営は止められない」という思いは、一経営者として私自身も肌身に感じていました。

 

今回お知らせさせていただきます弊社のWebサイトリニューアルに関しても、経営者として売上の確保を考えれば、少しでも早く完成したサイトをリリースしたい気持ちであったのが正直なところです。

 

しかしコロナ禍の最中は、ネット上でもマスクの高額転売や、補助金・給付金の詐欺サイト、Withコロナと称したさまざまな情報がSNSでも拡散され、どの情報が正しいのか判断がつかない混沌とした状況でした。

 

そうした中「この状況下で、自社サイトのリニューアルや新プロダクトのリリースのようなハレの告知が、素直に世の中に受け入れられるのだろうか?」という気持ちが頭をよぎりました。

 

自社サイトのリニューアル・プロダクト開発は、スタッフ全員が膨大な時間を費やしてきた、いわば「生命を削って作り上げた結晶」です。

 

これらが世の中に好意を持って受け入れてもらえる適切なタイミングを大切にしたいという気持ちが日に日に強くなり、リリースの時期については慎重に考える必要性があると考えました。

 

このような経緯から、「緊急事態宣言」が明け、移動自粛の全面解除が宣言された翌月の本日(7月7日)を、Webサイトリニューアルと新プロダクトのリリース日に設定しました。

 

 

新プロダクト【PLUG(プラグ)】について

 

弊社の新たなプロダクト【PLUG(プラグ)】についても少しお話させてください。

 

弊社はここ数年「ローカル企業未来図をともに描きたい」と、Webサイト構築を起点としたマーケティング活動に着手し、Webサイトを軸にクライアント企業様各社の目的が達成ができるよう支援を行ってまいりましたが、リソースの関係上、ローカル企業の未来図をともに描ける数にも限りがあるという現実も突きつけられていました。

 

また、お問い合せや受注をいただくお客様のなかには、「アールのWebマーケティングの取り組みに関心はあるけど、今はまだ社内体制的にもそのレベルにはなく、まずはWebサイトのみを構築し(作り)たい」とのお声を多くいただいていました。

 

そこで、このようなWebマーケティングに関心はあれど、今はそのレベルではない。でも将来的には頑張って取り組みたいと考えている方々へ向け、Webマーケティングに取り組むうえで必要な、最低限の機能を有した基礎構築プランをプロダクトとして開発しようと決意しました。

 

今回開発したWebサイト基礎構築プラン【PLUG(プラグ)】は、新会社設立、新店舗のオープン、新サービス(新規事業)の立ち上げや、ホームページのリニューアルを検討中で、今後少しづつでもWebマーケティングに取り組みたいとお考えのホームページ初心者に最適なホームページ構築プランとなっています。

 

Webサイト基礎構築プラン【PLUG(プラグ)】

https://www.r-co.jp/plug/

 

 

アイランドマーケティング様との業務提携について

 

またこの度、弊社の経営理念やミッションに共感をいただき、ともに【PLUG】の開発に取り組んでいただいている、東京の「アイランドマーケティング」さんとも、パートナー契約(業務提携)を締結させていただきました。

 

今後は弊社のプロダクトを通して、大分県以外の、未だ出会えていない全国のローカル企業の皆様との接点も創造していきたいと考えています。

 

業務提携及び東京営業所開設のお知らせ

 

 

さいごに

 

今回の「コロナ禍」での経験で私自身が感じたことは、コロナの感染拡大による社会の変化が、進化の過程とするならば、コロナ後の社会が100%元に戻ることはないかもしれない。そうであった場合、これまでの(旧来の)ビジネスの延長線上では今後、次々と新しい社会で出てくるであろう経営課題に対しての解決策は、以前にも増して見つけづらくなってくるのではないか、ということです。

 

私はこの状況を「ビジネスモデル自体を見直すタイミングがきているのではないか」と捉えています。以前は未来に対し、どのように経営の舵をきるべきか悩みが多くありましたが、現在では、インターネットやAIの発展によって経営に必要な数値がデータ化され、現状をより詳細に把握することができ、データをもとに在るべき未来の姿に対し投資と回収の仕組みを確立することが可能になりました。

 

手前みそではありますが、新しくなった弊社のWebサイトをご覧いただくことで、ローカル企業の未来へのヒントが見つかりるとともに、プロダクトを通じて、まだ出会えていない全国の多くのローカル企業の新たな未来図をともに描ける日がくることを心より期待しています。


2020年7月7日
アール株式会社
衞藤 秀峰

 

 text= アール株式会社
TOP