アール株式会社

ホームページ制作

2024.6.2710分で読める!小さな会社とアール株式会社の成長物語

 

〇〇県△△市。伝統と新しさが調和する街並みの一角に、創業50年を超える金属部品加工会社「株式会社カナザワ精工」はあった。従業員15名、決して大きくはない工場だが、高い技術力で大手電機メーカーの一次請けとして、日本のモノづくりを支えてきた。

 

二代目社長の田中は、重苦しい悩みを抱えていた。

 

売上グラフを見て落胆している田中

 

「このままでは、ジリ貧だ…」

 

リーマンショック、東日本大震災、そして追い打ちをかけるようにコロナ禍。時代の荒波は、地方の中小企業に容赦なく押し寄せた。大手メーカーからのコスト削減の要請は年々厳しさを増し、利益は減少する一方。ベテラン従業員の高齢化も進み、この先10年を見据えると、会社の未来は暗い闇に包まれているように思えた。

 

「何かを変えなければ…」

 

漠然とした焦燥感だけが募る中、田中はインターネットで [ 小さな会社のWebマーケティング ] と検索した。目に飛び込んできたのは、「小さな会社の売上UPを、DXとWebマーケティングで実現!」という、アール株式会社のホームページだった。

 

DXか…」

 

田中の視線は、事務所の片隅に追いやられたデスクトップパソコンへと向かう。そこには、10年以上前に作ったまま放置された、会社のホームページがあった。

 

「あの時は、ホームページを作っただけで満足してしまって、全然効果が出なかったな…」

 

苦い経験を思い出しながらも、アール株式会社のホームページは、どこか田中の心を惹きつけるものがあった。

 

「ダメ元で、相談だけでもしてみるか…」

 

田中は、アール株式会社の無料相談を申し込んだ。

 

 

無料相談からはじまる、成長への道

 

オンラインミーティング中の田中

 

数日後、アール株式会社の衞藤とのオンラインミーティングがセッティングされた。

 

田中は、現状の厳しさ、未来への不安を包み隠さず打ち明けた。

 

「地方の中小企業こそ、ホームページを有効活用すべきです!」

 

衞藤の言葉に、田中はハッとさせられた。

 

「御社の技術力は、必ず世界に通じます。私たちに、その魅力を最大限に引き出すお手伝いをさせてください!」

 

衞藤の言葉には、力強さがこもっていた。

 

しかし、田中は問題を抱えていた。

 

資金がない…」。

 

中小企業にとって、まとまった資金を投じることは大きな負担だ。

 

「まずは、できることから一歩ずつ始めましょう!」

 

衞藤は、田中を励ました。そして、資金面への配慮と事業の将来を見据えた、具体的な提案を始めた。

 

「まずは、現状の課題と優先順位を明確にしましょう。そして、御社の目標達成に最適な補助金制度を選定し、そこからスタートするのがおすすめです。」

 

衞藤は、田中の事業内容や抱える課題を丁寧に聞き取り、具体的な解決策を提案していった。

 

業務効率化を図りたいのであれば、DX系の補助金が活用できます。ChatworkやGoogle Workspaceの導入費用を補助してもらうことで、社内コミュニケーションの活性化と業務効率の向上を実現できますし、ホームページのリニューアルや販路拡大を図りたいのであれば、小規模事業者向け販路拡大系の補助金が有効です。

 

衞藤の説明に、田中は希望を感じ始めた。

 

中小企業の成長を加速させる補助金・助成金情報満載!中小企業庁が2024年度版中小企業施策利用ガイドブックを公開

 

時間と人材の課題克服

 

 

しかし、田中にはもう一つ大きな課題があった。

 

時間がない…」。

 

彼は日々の業務が忙しすぎて、ホームページのリニューアルやマーケティングに割ける時間がなかったのだ。

 

衞藤は、田中が抱える時間的制約と人材不足という課題を理解した上で、次のような提案をした。

 

「田中さん、御社は人手不足とのことですが、ホームページをリニューアルしたりマーケティングに取り組むにも時間的投資が必要です。現状では時間的にも厳しい状況だと思いますので、まずは業務効率化と人材不足の解消から着手してはいかがでしょうか。」

 

具体的には、DX系の補助金を活用して、社内コミュニケーションツールとしてChatworkを導入し、業務効率化を図りませんか? また、BPOサービスを活用することで、請求書処理などの事務作業を外部に委託し、人材不足の解消と時間の確保が実現できます。

 

田中の会社は、長年ベテラン従業員が中心となって業務を行ってきたため、新しいツールやサービスの導入に抵抗があった。しかし、衞藤の説明を聞き、現状を変える必要性を痛感した田中は、決意を固めた。

 

業務効率化とBPO導入で新たな章へ

 

衞藤のアドバイスを受け、田中はまず、DX系の補助金を活用して、社内コミュニケーションツールとしてChatworkを導入した。これにより、従来の電話やメールでのやり取りに比べて、スピーディーでスムーズな情報共有が可能となり、業務効率が大幅に向上した。

 

さらに、Google Workspaceを導入することで、資料作成やデータ共有がクラウド上で完結するようになり、場所を選ばずに仕事ができるようになった。以前は事務所でしかメール確認もできず、朝一にメールソフトを立ち上げると迷惑メールばかりが届いていたのだが、Gmailを活用し始めてからは、変なメールが届くこともなくなったと従業員も喜んだ。

 

従業員は、新しいツールに最初は戸惑ったものの、日を追うごとにその便利さに気づき、今では積極的に活用している。

 

さらに田中は、BPOサービス(“noncore(ノンコア)”)を導入した。これまでベテラン従業員が担ってきた、請求書処理などの事務作業を外部に委託することで、業務負担が軽減され、本来の業務に集中できるようになった。

 

BPOで成功して喜ぶ田中

 

これらの改善によって、田中はこれまで抱えていた時間的制約と人材不足という課題を克服し、いよいよホームページのリニューアルとマーケティング活動に本格的に取り組む準備が整った。

 

 

ホームページリニューアル、そして新たな挑戦

 

こうして二人はいよいよホームページのリニューアルに着手した。

 

「よし!かっこいいホームページに生まれ変わらせるぞ!」

 

と意気揚々の田中に対し、衞藤はこう伝えた。

 

ホームページはデザイン重視で一気に立派につくる必要はありません。

 

特に小さな会社の場合、見た目だけで肝心の情報が薄くて、自社製品やサービスの魅力がしっかり伝わっていないケースが多いんです。カナザワ精工さんもそうではないですか?

 

ターゲットであるお客様は、カナザワ精工さんのかっこいいサイトを見に来ているわけではありませんよね。そうしたターゲットとの情報ニーズのギャップを埋めるためにも、まずはシンプルなホームページで、情報を少しづつ整備した後に、デザインリニューアルを行う方法をおすすめします。

 

しかしそうすると予算がさらにかかってと心配されるかもしれませんが、弊社で提供しているSEO対策を行ったシンプルなホームページ『プラグ』であれば50万円からスタートできます。まずはこちらで情報を整えてマーケティングを行います。

 

この方法だと、しっかりお問合せを獲得できるようになった段階で、次のデザインリニューアルを考えればよいので、何も保証のない初期の段階で数百万円をかけて立派なサイトを制作するより効率的で、確実にステップアップできます。

 

弊社は20年以上ホームページ制作とマーケティング支援を行ってきた会社です。これまで初期投資の段階で失敗してきた小さな会社をたくさん見てきたので、こうした手法をおすすめしています。

 

「確かに、今のホームページでも100万近くかけたのに、お問合せはスズメの涙だもんな…。」

 

田中は衞藤の提案に納得し、『プラグ』でホームページのリニューアルを進めることにした。

 

ホームページリニューアル作業は、ステップに沿って必要な情報を担当者とやりとりするだけだったため、すぐにサイトが立ち上がった。

 

文章作成が苦手な田中は、改めて情報を整えるのが億劫だと感じていたが、アールスタッフが今のサイトの情報と簡単なヒアリングをもとにリライトまで行ってくれたので、サイトリニューアルに関して煩わしさが全く無かったことに驚いた。さらに、今まで書いたことのないブログ記事も3記事分書いてくれたので、田中は本当に助かった。

 

完成したホームページを見た田中は、驚きを隠せなかった。単なる会社案内ではなく、カナザワ精工の50年の歴史、技術へのこだわり、そして未来への挑戦が、ホームページ上で熱く語られていた。

 

マーケティング効果で売上増加

 

マーケティング効果で売上増加

 

ホームページのリニューアル公開と同時に、アール株式会社はSEO対策を施し、検索エンジンからのアクセス増加を目指した。さらに、SNSアカウントを開設し、ホームページと連動した情報発信をスタート。地道な活動が実を結び、徐々にホームページへのアクセス数が増加し、問い合わせも来るようになった。

 

「ホームページから、新規顧客を獲得できたんです!」

 

と田中は喜びを隠せない様子で衞藤に報告した。

 

衞藤は、次の提案を行った。

 

「ホームページからのお問い合わせを増やすために、LP(ランディングページ)を作りませんか? ターゲットに刺さる訴求を練り込み、ニーズに沿って御社の製品の魅力が徹底的にまとめられたLPで、成約率を高めることができるはずです。」

 

田中は、半信半疑ながらも、アール株式会社の提案を受け入れた。そして、ターゲットとする業界や顧客層を明確化し、そのニーズに響くメッセージを盛り込んだLPを制作して、少額ながらネット広告を配信した。

 

LP公開後、予想を上回る反響があった。問い合わせ件数は増加し、成約率も向上。LPとネット広告の相乗効果で、新規顧客獲得の道筋が見え始めていた。

 

「Webマーケティングって、すごいですね…」

 

デジタルの力で、会社の未来が開けていく実感を得た田中は、さらなる意欲を燃やしていた。

 

人材不足の解消と未来への希望

 

人材不足の解消と未来への希望

 

「田中さん、アクセス解析の結果を見たところ、求人ページへのアクセスが増えていますね。売上が伸びてきたので、人材も増やしましょう!」

 

衞藤の言葉に、田中はハッとさせられた。人手不足は、依然としてカナザワ精工の大きな課題だったからだ。

 

「実は、御社のアプリで定期的に届く記事を読んだ際に、求人サイト『Indeed』に有料掲載すると効果的だと書いてあったので、試してみようと思っていたんです…」

 

「それなら、『Indeed +』がおススメです!採用課題に合わせた最適なプランで、より効果的な採用活動を実現できます。」

 

アール株式会社のサポートを受けながら、田中は採用ページの内容を充実させ、「Indeed +」への掲載を開始した。求人広告では伝えきれない、カナザワ精工の社風や魅力を丁寧に伝えることで、応募者が増加。若手社員も採用することができ、会社の未来は、さらに明るいものとなった。

 

補助金を活用した販路拡大

 

補助金を活用した販路拡大

 

また別の日、田中は、アール株式会社のWebアプリ『コンセントニュース』で、中小企業向けの補助金・助成金に関する記事を読んだ。

 

「こんな制度があったのか!」

 

すぐに衞藤に相談し、申請手続きをサポートしてもらうことになった。見事採択された助成金は、最新鋭の加工機械の導入費用に充てられ、生産効率が飛躍的に向上した。

 

その後、小規模事業者持続化補助金を活用して広告宣伝費の補助を受け、ネット広告やターゲットに合わせたブログ記事の作成も追加でアール株式会社に依頼して情報の充実を図った。

 

『コンセントニュース』は、まさに中小企業の経営者にとって「福音」だった。日々の業務に追われる中で、情報収集の大切さを痛感していた田中にとって、『コンセントニュース』は、まさに渡りに船だった。

 

「アールさんからの定期的な情報提供は、中小企業のヒト・モノ・カネの悩みを解決するヒントが満載なんだ!」

 

田中は、従業員にも『コンセントニュース』の購読を推奨した。

 

業務効率化、コスト削減、人材育成など、さまざまなテーマの記事が配信され、従業員一人ひとりが、会社全体の課題を意識するようになった。

 

「本当に、アールさんには感謝しかありません…」

 

会社の未来に希望を見出せるようになった田中は、心から感謝の気持ちを伝えた。

 

「いえ、私たちも、カナザワ精工さんの成長に関わることができて、本当に嬉しいです!」

 

衞藤も、満面の笑みを浮かべた。

 

 

未来への挑戦

 

そして、数年後。

 

再びホームページのデザインリニューアルを終え、ホームページからのお問合せを毎月安定して獲得できるようになった頃には、カナザワ精工は、従業員数30名を超える企業へと成長。自社製品の開発にも成功し、海外進出も視野に入れるなど、地方の中堅企業へと成長を遂げた。

 

「そろそろ、私たちも卒業ですね」

 

衞藤の言葉に、田中は少し寂しさを感じながらも、力強く答えた。

 

「はい!おかげでさまで私たちは大きく成長できました。これからは、これまで学んだことを活かして、アールさんが紹介してくださった次の成長を支えてくれる支援会社と自社の力で、さらなる高みを目指します!」

 

デジタル化の波に乗り、力強く未来へと進んでいくカナザワ精工。

 

その背中を見送りながら、衞藤は、アール株式会社のミッションとビジョンを再確認していた。

 

「ホームページを起点とした効果的なマーケティング支援を通じて、ローカル企業の持続可能な成長を実現する。」

 

「ローカル企業にデジタルマーケティングツール『concent』を導入し、デジタルマーケティングの初歩から成長を促進。顧客が自信を持って次のステップへ進めるよう導く。」

 

アール株式会社は、これからも、カナザワ精工のように、地方の小さな会社の「伴走者」として、その成長を支え続けていく。

 

 

Webサイトのお悩み・困りごと どんなことでも相談しよう 無料相談 毎週金曜日 13:00~15:00
 text= アール株式会社