アール株式会社

Webマーケティングweb marketing

小さな会社のWebマーケティング吹き出し

ホームページの集客にお困りではありませんか?

「ホームページを作ったのに全然集客できない…」
「広告費をかけずに効率的に集客したい…」
「Webマーケティングって難しそうでよくわからない…」

そんな悩みを抱える経営者様へ。 もう、ひとりで抱え込まないでください!

アール株式会社は、ホームページ制作からWebマーケティング、デジタル化支援まで、低価格で高品質なサービスを提供し、地方の小さな会社をサポートします。

【Webマーケティングでできること】
  • SEO対策:検索エンジンで上位表示を目指し、アクセス数アップ!
  • コンテンツマーケティング:有益な情報で顧客を惹きつけ、ファン化!
  • LP制作:商品・サービスの魅力を伝える専用ページで、成約率アップ!
  • 広告運用:費用対効果を最大化し、効率的にターゲットへ訴求!
  • アクセス解析:データに基づいた改善で、更なる成果アップ!

まずはお気軽に無料相談へ!

\ 毎月限定3社 無料相談受付中 /

無料相談を予約する


小さな会社のWEBマーケティング

小さな会社の事業成長において、Webマーケティングは欠かせない存在になりつつあります。

昨今のデジタル化の波に乗り遅れれば、競合他社に大きく水をあけられてしまう危険性がある中、Webマーケティングの知識やノウハウを持たない小さな会社の経営者の皆さんは、大きな不安を抱えていることでしょう。

Webマーケティング最大のメリットは、地域に関わらず全世界の潜在顧客にあなたのビジネスを紹介できることです。インターネットは、あらゆる地域の人々にリーチする強力なプラットフォームを提供し、グローバルな視野でのビジネス展開を可能にします。

また、Webマーケティングはコストパフォーマンスにおいても優れており、特に予算に制限のある小規模企業や中小企業にとっては大きな魅力です。オンライン広告は紙媒体やテレビ広告に比べて安価に、ターゲットを絞った宣伝が行えます。

さらに、デジタルマーケティングは柔軟性が高く、消費者のライフスタイルや価値観の変化に迅速に対応できます。例えば、コロナ禍におけるオンラインショッピングの増加は、多くの企業にデジタル戦略の急速な転換を促しました。

ここでは、そんなWebマーケティングの基本的な概念から実際のメリットまでをお伝えします。小さな会社が競合との差をつけ顧客層を広げるために、これらの知識をビジネスに活かし、売上向上のための新たな一歩を踏み出しましょう。

小さな会社のWebマーケティングの基礎吹き出し

Webマーケティングとは?

Webマーケティングは、インターネットを活用したマーケティング手法で、あなたの会社の製品やサービスをオンライン上で宣伝し、潜在顧客との関係を築き、売上を増やし、持続可能なビジネスを構築することを目的としています。

具体的には、Webサイト、ソーシャルメディア、オンライン広告、コンテンツマーケティングなど、さまざまなチャネルを通じて、ターゲットとなるオンライン上のオーディエンス(インターネット上の潜在顧客)にアプローチし、認知を広げます。

オンラインでの存在感が高まれば、潜在顧客へのリーチを最大化できるようになるため、特にリソースが限られている小さな会社にとっては、ビジネスの成長を促す効果的な戦略となります。

Webマーケティングのメリット

Webマーケティングには多くのメリットがありますが、特に小さな会社にとって重要なのは以下の点です。

  • グローバルにリーチできる
    Webマーケティングを活用することで、地域にとらわれず世界中の人々にアクセスできます。これは、特定の地域に限定されずに、広い範囲で顧客を獲得できることを意味します。
  • コスト効率が良い
    従来の広告メディアと比較して、デジタルマーケティングははるかにコストパフォーマンスが良いです。例えば、小規模なターゲット広告キャンペーンを実施することで、必要な予算を大幅に抑えつつ、特定の顧客層に直接アプローチできます。
  • 成果を測定できる
    Webマーケティングでは、訪問者の行動を詳細に追跡し、どの広告やキャンペーンが効果的かをリアルタイムで分析することができます。そのため、マーケティング戦略をデータに基づいて最適化し、ROI(投資収益率)を最大化できます。
  • 柔軟に素早く対応できる
    オンラインキャンペーンは、市場の反応を見ながら素早く調整することが可能です。プロモーション内容や広告のターゲティングを迅速に変更できるため、常に最適なメッセージを届け続けられます。
  • 顧客との信頼関係が向上する
    ソーシャルメディアやブログ、その他のデジタルツールを使えば、顧客と双方向のコミュニケーションが図れます。顧客の声を直接聞き、それに応じてカスタマイズされたサービスを提供できます。

こうしたメリットを活かすことで、小規模な会社でも世界中の顧客へのアプローチが可能となり、成果を測定した上で戦略の最適化を図ることができます。

基本的なWebマーケティング施策吹き出し

小さな会社が顧客との接点を増やし、売上を伸ばすためには、Webマーケティングは欠かせない取り組みですが、しかし、Webマーケティングは奥深く、何から始めれば良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

ここでは、Webマーケティングの基本的な施策について紹介します。

Googleビジネスプロフィール(旧称: Google マイビジネス)の活用

まずは、Googleビジネスプロフィールの活用から始めましょう。Googleビジネスプロフィールは無料で登録・利用でき、あなたのビジネスをGoogleマップと検索結果に表示させることができます。

Googleビジネスプロフィールの登録により、地元での視認性が高まり、潜在的な顧客があなたのビジネスを容易に見つけられるようになります。店舗情報、営業時間、連絡先などの基本的な情報を更新し、顧客からのレビューに対応することで、信頼性と顧客とのつながりを高めることができます。

Googleビジネスプロフィール

SEO(検索エンジン最適化)

SEO(Search Engine Optimization、検索エンジン最適化)は、広告を必要とせずに自然検索から訪問者の質や量を改善する継続的なプロセスです。主な目的は、ホームページを検索エンジンでより目立たせ、アクセスしやすくすることです。

小さな会社でも適切にSEOを行うことで、検索結果の上位に表示され、訪問者数の増加と売上の向上が期待できます。

2つのSEO対策

2つのSEO対策には、内部施策(オンページSEO)と外部施策(オフページSEO)の二つのアプローチがあります。

  • 内部施策(オンページSEO):自サイト内部のコンテンツや構造を改善する施策
    ホームページのコンテンツやメタデータ、構造を最適化して、検索エンジンが内容をより簡単に理解できるようにします。これには、適切なキーワードの選定と使用、メタデータの詳細化、ユーザーフレンドリーなサイト構造が含まれます。
  • 外部施策(オフページSEO):自サイト以外のサイトから被リンクを獲得する施策
    他のサイトからのリンクやソーシャルメディアでの言及を通じて、外部からの評価を高めます。品質の高いバックリンクの構築と、地元のメディアやブログとの関係構築に重点を置くことで、検索エンジンに信頼性と権威性を示します。

これらのテクニックを組み合わせることで、あなたのホームページは検索結果でより良い位置に表示され、地元市場での競争力を保つことができます。

ただし、こうしたテクニカルなSEOも大切ですが、顧客にとって最も大切なのは高品質で有益なコンテンツ(情報)を提供することです。高品質のコンテンツがあることで、初めてSEOの効果が最大化されます。

SEO対策やSEOライティングの方法について、より詳しく知りたい方は下記のコンテンツもご覧ください。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングは、顧客の課題に応える価値あるコンテンツ(情報)を提供することで、顧客との関係を築き、最終的には顧客行動にポジティブな影響を与える手法です。

ブログ投稿、記事、動画、インフォグラフィックス、電子書籍など、さまざまな形式のコンテンツを通じて、あなたの専門知識や製品のメリットを顧客に伝えます。

これらのコンテンツは、検索エンジンでのランキングにも好影響を与えると同時に、ソーシャルメディアでの共有を促進し、広範なオーディエンスとの信頼関係を深める効果があります。

さらに、定期的な投稿と活発なコミュニケーションを行うことで、信頼性を高め、ブランドに対するロイヤルティ(強い信頼や愛着)を高めることができます。

ソーシャルメディア(SNS)運用

ソーシャルメディアは、ブランドのパーソナリティ(個性)を発信し、顧客と直接コミュニケーションを取るための強力なプラットフォームです。

Facebook、Instagram、X(旧Twitter)、LinkedInなどのプラットフォームを使用して、製品やサービスをプロモーションし、顧客との対話から、フィードバックを受け取ることができます。

ソーシャルメディア戦略の成功のカギは、オーディエンスが関心を持つ、関連性の高いコンテンツを提供することによって、より強いつながりを築くことにあります。

さらに、定期的な投稿と活発なコミュニケーションを行うことで、信頼性を高め、ブランドに対するロイヤルティ(強い信頼や愛着)を高めることができます。

TikTokなどの新しいトレンドへの対応
@tiktokjapan #EnjoyTikTok 撮影の舞台裏に潜入!長州さんと武藤さんのほっこりするやりとりがかわいい✨ #もっと世界を好きになる @長州力【公式】 ・before #EnjoyTikTok 撮影直前インタビュー!長州さんの奇抜なアイデアとは!?👀 #もっと世界を好きになる @rikichannel1203 ・Interview #EnjoyTikTok 撮影の休憩時間に、撮影の感想やTikTokの魅力について聞きました! #もっと世界を好きになる ♬ オリジナル楽曲 - TikTok Japan

近年はTikTokやInstagramリールといった、短尺垂直動画がメインのSNSプラットフォームが急速に普及しています。10秒〜3分程度の斬新で楽しいコンテンツが若年層の支持を集めています。

こうしたプラットフォームでインフルエンサーマーケティングを展開したり、企業アカウントで独自のコンテンツを発信することで、製品やサービスのブランディングや認知拡大が図れます。

その他の施策

その他にもさまざまなWebマーケティング施策がありますが、小さな会社や初心者向けの代表的な施策は以下になります。

  • リスティング広告
    Google広告やYahoo!広告などで行う有料の広告。キーワード検索に関連する広告を表示し、クリックされると費用が発生します。ターゲットを絞って宣伝ができます。
  • インフルエンサーマーケティング
    SNSで影響力のある人物(インフルエンサー)を通じて、製品やサービスを宣伝します。その人のフォロワー(ファン)に対して直接アプローチできます。
  • メールマーケティング
    顧客のメールアドレスに直接情報を送ることで、商品やサービスを宣伝する方法です。長期的な顧客関係を築くのに役立ちます。
  • アフィリエイト広告
    他のWebサイトやブログに広告を掲載し、そこからのリンクを通じて製品が売れたりサービスが利用されたりすると、広告を掲載したサイトに手数料を支払う仕組みです。
  • オウンドメディアの運営
    自社でコンテンツを制作し、自社のWebサイトやブログで情報を提供することで、顧客との直接的な関係を構築できます。
  • オンラインPR
    Webサイトやプレスリリースを通じて、企業や製品に関する良いイメージを広める活動です。メディアに取り上げられることで信頼性が増します。
  • バナー広告
    Webサイト上に表示される画像広告で、クリックすると広告主のサイトに飛びます。視覚的な魅力で注目を集められます。
  • オンラインセミナーやウェビナー
    インターネットを通じてセミナーや講座を開催します。遠方の人でも参加でき、商品やサービスの魅力を直接伝えられます。
  • 口コミマーケティング
    顧客が自然に製品やサービスについて話すことを促進し、その評判が広がることを目指すマーケティング手法です。顧客の推薦は非常に信頼されます。
  • レビューサイトへの登録
    製品・サービスに関する評価が集まるWebサイトに登録し、良いレビューを増やして信頼性を高める戦略です。

目的別Webマーケティング施策表

Webマーケティング施策の選択には「何を目的とするか」が重要です。

下の表は、施策の目的別の効果を◯(効果的)と、△(ある程度効果あり)で示したものです。

Webマーケティング施策認知拡大集客お問合せ獲得信頼獲得
Googleビジネスプロフィール
SEO(検索エンジン最適化)
リスティング広告
SNS運用
コンテンツマーケティング
インフルエンサーマーケティング
メールマーケティング
アフィリエイト広告
オウンドメディアの運営
オンラインPR
バナー広告
オンラインセミナー
口コミマーケティング
レビューサイト登録

Webマーケティングの実践吹き出し

基本的なWebマーケティング施策を理解したら、次は実践に移しましょう。行動こそが、結果を生み出します。

しかし、いざ実践となると、何から手をつければ良いのかわからないという方も多いのではないでしょうか?

以下では、Webマーケティングの実践方法について、詳しく解説します。

1. 目標を設定する

Webマーケティング戦略を立てるための第一歩は、明確なビジネス目標の設定から始まります。

まずはあなたの事業で何を成し遂げたいかを具体的に決め、それを達成するためのマーケティング目標を設定しましょう。目標が明確であればあるほど、適切な戦略を計画し、実行に移すことが容易になります。

例えば、「次の四半期にオンラインでの売上を20%増加させる」「新製品のリリースを通じて新規顧客を1000人獲得する」など、数値で測定可能な目標が理想的です。

目標の達成状況は定期的にチェックし、必要に応じて計画を見直します。

2. ターゲットオーディエンスを特定する

次に「誰を」ターゲットにするかを明確にします。この際、ペルソナを作成することをおすすめします。

ペルソナを作成することで、ターゲットの具体的な行動や思考パターンを理解し、その人たちに響くコンテンツやデザインを計画することができます。

ペルソナとは?

ペルソナとは、理想的な顧客像を詳細に描いたもので、あなたの製品やサービスが解決する課題を抱えている典型的な顧客の人物像を、年齢、性別、職業、興味関心、居住地域などの詳細な情報とともに設定します。

ペルソナの作成方法

ペルソナの作成は、ターゲット顧客を具体的にイメージし、以下の手順で作成します。

1.データ収集
既存顧客のデータを分析します(年齢、性別、職業、興味関心など)顧客インタビューやアンケートを実施し、詳細な情報を収集します

2.共通点の抽出
集めたデータから共通する特徴やパターンを見つけ出します

3.ペルソナの詳細化
名前、年齢、性別、職業、生活スタイルなど、具体的な人物像を設定します。そのペルソナが抱える課題やニーズ、目標を明確にします。

4.ペルソナの活用
作成したペルソナを基に、ターゲット顧客に響くコンテンツやデザインを計画します。

下ペルソナ設定シートを使用すると、より具体的にペルソナを描けます。ペルソナ設定シートは以下のリンクからダウンロード可能です。

ペルソナ設定シート_ダウンロード用
カスタマージャーニーマップの作成

ペルソナが作成できたら、カスタマージャーニーも検討します。

カスタマージャーニーマップとは、顧客が商品・サービスを購入に至るまでの行動や思考、感情を時系列に沿って可視化したものです。

顧客視点に立って彼らの課題やニーズを理解することで、顧客体験の向上や売上向上に役立てることができます。

カスタマージャーニーマップの作成方法

1.目標の設定
カスタマージャーニーマップを作成する目的を明確にします(例:顧客の購買プロセスを理解する、サービス向上のための課題を見つける)。

2.ペルソナの活用
既に作成したペルソナを元に、具体的な顧客像を設定します。

3.顧客とのタッチポイントの特定
顧客がブランドや製品と接触する全てのポイントをリストアップします(例:Webサイト、SNS、広告、店舗)。

4.顧客の行動と感情のマッピング
顧客が各タッチポイントでどのような行動を取るか、各行動に対する顧客の感情や思考を合わせて記述します。

5.課題の特定
顧客が各タッチポイントで感じる課題や不満を特定します。

6.改善策の検討
不安や不満を解消するための具体的な改善策を検討します。

カスタマージャーニーマップは以下のリンクからダウンロード可能です。

ペルソナとカスタマージャーニーマップは、ターゲット顧客を深く理解し、彼らのニーズや課題に応じた戦略を立てるための強力なツールです。これらを活用することで、顧客体験を最適化し、Webマーケティングの成功に繋げることができます。

3. コンテンツを作成する

ペルソナとカスタマージャーニーマップを設定したら、次はコンテンツを作成しましょう。

コンテンツは、顧客との接点であり、顧客体験を形成する重要な要素です。

効果的なコンテンツを作成することで、顧客の興味を引き、行動を促し、売上を向上させることができます。

①コンテンツ形式を決める

テキスト、画像、動画、音声など、コンテンツの形式を決定します。ターゲットオーディエンスの属性やニーズ、コンテンツの目的などを考慮し、最適な形式を選択しましょう。

  • テキスト
    ブログ記事、プレスリリース、ホワイトペーパーなど、情報量が多く、詳細な説明が可能。
  • 画像
    インフォグラフィック、写真、イラストなど、視覚的に訴求し、理解を促進。
  • 動画
    商品紹介、インタビュー、セミナーなど、臨場感があり、エンゲージメントを高めやすい。
  • 音声
    ポッドキャスト、音声ブログなど、移動中や作業中に気軽に視聴可能。
②コンテンツテーマを決める

ターゲット顧客の興味を引くような、魅力的なコンテンツテーマを決定します。

  • トレンド
    業界の最新動向や流行を取り入れたテーマは、注目を集めやすい。
  • 課題解決
    ターゲット顧客が抱えている課題を解決するようなテーマは、特に評価されやすいです。
  • ストーリー性
    共感を呼ぶようなストーリー性のあるテーマは、印象に残ります。

また、競合他社がどのようなコンテンツを作成しているのかを分析し、差別化できるテーマを選ぶことも重要です。

③専門性と信頼性を深める

ターゲットに価値を提供するためには、専門的な知識や情報を分かりやすく丁寧に説明し、正確な情報に基づいた、信頼できるコンテンツを作成します。

  • 専門知識を深める
    常に最新の情報を収集し、専門知識を深めるように努めましょう。業界誌を読んだり、セミナーに参加したり、専門家と交流したりするなど、さまざまな方法があります。
  • 分かりやすく丁寧に説明する
    専門用語を使いすぎないように注意し、平易な言葉で説明しましょう。図表やイラストを活用するのも効果的です。
  • 情報源を確認する
    情報源の信頼性を確認し、誤った情報が記載されていないことを確認しましょう。複数の情報源を参照し、比較検討することが重要です。
  • 客観的な視点で記述する
    自分の意見や偏見を交えず、客観的な視点で記述しましょう。データやエビデンスに基づいて説明することが重要です。
④読みやすさを大切にする

最後まで読みたくなるような、読みやすく分かりやすい文章でコンテンツを作成しましょう。

  • 見出しを活用する
    見出しを活用することで、文章の構成が分かりやすくなり、読者が内容を把握しやすくなります。
  • 適切な段落分けをする
    適切な段落分けをすることで、文章が読みやすくなります。
  • 箇条書きを活用する
    箇条書きを活用することで、重要なポイントを分かりやすく伝えることができます。
  • 装飾を活用する
    太字や斜体などの装飾を活用することで、文章にメリハリを出すことができます。

これらのステップを踏んで、効果的なコンテンツを作成することで、顧客との信頼関係を構築することが期待できます。

しかし、コンテンツ単体では、十分な効果を発揮できない可能性があります。

次にこれらのコンテンツを活用してオンライン広告を展開し、ターゲットオーディエンスとの接点を作ります。

4. 効果的なオンライン広告

オンライン広告は、あなたの会社が短期間で目に見える成果を上げるための強力なツールの一つです。
特に、PPC(ペイパークリック)広告とリターゲティング広告は、費用対効果が高く、ターゲット顧客に直接アプローチできるため、小規模なビジネスには有効です。

PPC(ペイパークリック)広告

PPC広告は、ユーザーが広告をクリックした時に課金される広告モデルです。この方式の最大のメリットは、広告の見込み客に直接アプローチでき、投資した費用に対する具体的な成果を即座に測定できる点にあります。

Google AdWordsやYahoo!広告などのプラットフォームを使用して、検索エンジンの結果ページや関連するWebサイト上であなたの広告を表示できます。

キーワード選定には注意が必要で、ターゲットユーザーが使用すると思われる具体的な語句を選ぶ必要があります。(近年ではAIを活用して自動でキーワードを最適化するサービスもあるため、そうしたツールの活用も一案です。)

Google AdWords

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/

Yahoo!広告

https://www.lycbiz.com/jp/service/yahoo-ads/
リターゲティング広告

リターゲティング広告は、一度あなたのホームページを訪れたが購入には至らなかった潜在顧客に再度アプローチする広告技術です。

リターゲティング広告は、ユーザーの興味や行動履歴に基づいてパーソナライズされた広告を配信するため、広告の関連性と効果を大幅に向上させることができます。FacebookやGoogleのリマーケティングツールを活用すれば、簡単にこれらの広告を設定・運用できます。

これらの広告はすぐに調整可能なので、キャンペーンのパフォーマンスに基づいて最適化を行い、ROI(投資収益率)の改善が行えます。

【※注意】
今後はヨーロッパの一般データ保護規則(GDPR)などのプライバシー保護の流れにより、Cookie規制が強化され、リターゲティング広告の方法にも変化が起こります。
企業はサードパーティーCookie(ブラウザに保存されるユーザー情報)の使用を控え、自社で直接収集したファーストパーティーデータ(企業が直接顧客から収集する情報)や、顧客が自発的に提供するゼロパーティーデータ(顧客が意図的に企業に提供する情報)を活用する戦略が求められるようになります。

4. ソーシャルメディアの活用

現代のデジタル時代において、ソーシャルメディアは小さな会社が顧客と直接つながり、ブランド認知を高める重要なツールです。適切に活用すれば、コスト効率よくターゲット市場にアプローチし、顧客との長期的な関係を築くことができます。

主要なプラットフォームの活用方法

ソーシャルメディアプラットフォームは多岐にわたりますが、中小企業で人気なのはFacebook、Instagram、X(旧Twitter)、TikTok、LinkedInなどです。

各プラットフォームが持つ特性を理解し、ビジネスの種類と製品やサービスのターゲット顧客に最適なものを選択しましょう。

  • Facebook
    幅広い年齢層にリーチできるため、一般消費者向け製品・サービスに適しています。イベント告知、顧客レビュー共有、製品情報の投稿に活用できます。
  • Instagram
    ビジュアルコンテンツが中心で、若年層に強い影響力があります。商品の写真やストーリーズを活用し、ブランドのビジュアルアイデンティティを展開しましょう。
  • X(旧Twitter)
    短いメッセージと即時性が求められるため、ニュースやアップデートの共有、顧客サポートに適しています。
  • TikTok
    エンターテインメント性が高く、特に若年層に非常に人気があります。短いビデオを通じて、創造的かつインパクトのあるコンテンツを素早く拡散することが可能です。
  • LinkedIn
    B2B企業に有効で、業界の洞察や専門知識を共有し、ビジネス交流の場として活用できます。
プラスアルファで信頼関係の強化

ソーシャルメディアは単なる情報発信の場ではなく、顧客との信頼関係を深める機会でもあります。以下の手法を用いて、フォロワーとの関係を強化しましょう。

  • インタラクティブコンテンツ
    アンケートやクイズ、コンテストを通じてユーザーの参加を促し、信頼関係を高めます。
  • ライブストリーミング
    製品発表会やイベントのライブ配信を行い、リアルタイムでコミュニケーションを図ることができます。
  • X(旧Twitter)
    短いメッセージと即時性が求められるため、ニュースやアップデートの共有、顧客サポートに適しています。
  • カスタマーレスポンス
    コメントや問い合わせに迅速かつ誠実に対応することで、顧客満足度を高めるとともに、信頼関係を築きます。

これらの手法を通じて、ソーシャルメディアの力を最大限に活用し、ターゲット顧客とのつながりを深めましょう。

小さな会社におけるデジタルマーケティングの課題と解決策吹き出し

小さな会社がデジタルマーケティングを検討する際には、小さな会社特有の課題が存在します。
これらの課題を理解し、事前に効果的な解決策を適用することで、限られたリソースを最大限に活用し、事業成長を実現できるようになります。

1.予算の制約

多くの小規模企業では、広告やマーケティングに割り当てられる予算が限られています。そのため、高額な広告キャンペーンや大規模な市場調査は財務的に負担が大きく、実施が困難な場合があります。

解決策:低コストのデジタルツールの活用

コストパフォーマンスに優れたデジタルツールを利用することは解決策の一つです。例えば、Google AnalyticsやMeta Business Suiteなど無料で利用できるツールを利用して、Webサイトやソーシャルメディアのトラフィックを分析し、どのマーケティング活動が効果的かを把握した上で、予算配分を最適化します。

また、コンテンツマーケティングは少ない投資で長期的な価値を提供できます。ブログ投稿はコスト的にもSEO(検索エンジン最適化)にも効果的です。

無料または低コストのソーシャルメディアプラットフォームを活用すればターゲット顧客と直接的に関わり、ブランド認知を高められます。

さらに、MailchimpやformrunなどのEメールマーケティングサービスを利用することで、顧客に定期的にニュースレターを配信し、関連性の高いコンテンツで関係性を構築することも可能です。

解決策:補助金・助成金の活用

国や自治体が提供する補助金や助成金を活用することで、デジタルマーケティングの強化を図ることもできます。

申請手続きには多少の手間がかかりますが、採択されれば広告運用費や外部コンサルタント費用、新規Webサイト構築費などをカバーでき、マーケティング投資に対する資金的な制約を大きく回避できます。

小さな会社が利用できる主な補助金制度には以下のようなものがあります。

  • 小規模事業者持続的発展支援事業(ものづくり・商業・サービス補助金)
    販路開拓等に必要な経費の一部(2/3)を支援。ホームページ制作費、広告宣伝費などが対象。
  • IT導入補助金
    バックオフィス業務の効率化やECサイト構築などのITツール導入を支援。クラウド利用料、ソフトウェア費用などが対象。
  • ものづくり補助金
    新製品・サービス開発やプロセス改善に必要な設備投資を支援。デジタル化関連の投資が対象。
  • 自治体によるローカル支援策
    各都道府県や市町村が独自に行う中小企業支援制度。ホームページ制作費の一部助成などのメニューが用意されていることも。

補助金の公募時期や審査基準は年々変更される場合があるので、最新情報に注意を払う必要があります。

補助金の活用には、申請段階で事業の内容や目標、投資対効果を明確にする必要があるため、単に費用を支援してもらうだけでなく、事業の将来計画をしっかりと立案する良い機会にもなります。

申請手続きには手間がかかることもありますが、地元の商工会や中小企業支援センターなどの支援機関に相談すれば、アドバイスも受けられます。

地方の小さな会社のホームページ制作は、時に資金面での制約に直面しますが、こうした公的支援制度を有効に活用することで、その障壁を乗り越え、事業がデジタル化に向けて大きく前進できるはずです。

補助金ポータル:全国の補助金・助成金・支援金一覧

2.限られたリソース

小さな会社では、人材、時間、技術的知識に制約があり、多様なデジタルマーケティングの施策を自社で展開することは大きな課題です。

解決策:アウトソーシングの活用

まずは、メールマーケティングやソーシャルメディア投稿のスケジューリングなど、日常的なタスクを自動化ツールで効率化しましょう。

しかし、すべてを自社で行う必要はありません。専門的な知識が求められるSEO対策やリスティング広告などは、専門の代行サービスに外注することが賢明です。

特定のマーケティング活動を外部の専門業者に委託することで、専門知識を活用でき、内部リソースの負担を軽減できます。外部の専門家は最新のトレンドにも精通しており、あなたの事業に最適な戦略を提案してくれます。

アウトソーシングを検討する際は、複数の会社から見積もりを取り、サービス内容と料金を比較検討しましょう。短期間の試用サービスを利用して効果を実際に確認するのも良いでしょう。また、成功事例やクライアントの推薦状況を参考にすることで、信頼できるパートナーを選ぶことができます。

解決策:AIツールの活用

近年は、AIを活用したマーケティングツールにも注目が集まっています。代表的なものとして、以下のようなツールがあります。

キーワード分析ツール

潜在顧客がどのようなキーワードで製品やサービスを検索しているかを分析し、最適なキーワードを見つけられます。SEO対策やリスティング広告の運用に役立ちます。

Google広告キーワードプランナー

https://ads.google.com/intl/ja_jp/home/tools/keyword-planner/

AIライティングツール

キーワードやトーンを指定するだけで、ブログ記事やSNS投稿用のコンテンツ案を自動生成できます。小規模な人的リソースでも質の高いコンテンツを量産できます。

AI画像/動画生成ツール

キーワードやテキストを入力するだけで、高品質な画像や動画を自動生成できます。SNSへのビジュアルコンテンツ投稿などに活用できます。

こうしたAIツールを適切に組み合わせれば、限られたリソースでも優れたデジタルマーケティングが可能です。

ツールを完全に使いこなすには少し時間がかかるかもしれませんが、コストと時間を大幅に節約できるため、AIツールの活用は今後ますます重要になってくると考えられています。

これら小さな会社特有の課題と解決策を理解し、適切に対応することで、あなたの会社もデジタルマーケティングで持続可能な成長を実現できるようになります。

小さな会社の成功事例に学ぶ吹き出し

地方の小企業でも、適切なWebマーケティング戦略を用いることで大きな成功を収めることは可能です。
ここでは、具体的な成功事例を元に、どのように戦略が立案・実行されたのかをご紹介します。

地元食材にこだわる老舗食品メーカーの事例

創業80年を超える老舗食品メーカーA社は、代々受け継がれた製法と地元の新鮮な食材にこだわり、その商品が地元で高い支持を得ていました。

しかし近年は、大手の進出や流通の変化により、厳しい事業環境に直面していました。そこで経営陣は、Webマーケティングを活用して販路を全国に広げることを決意します。

Webマーケティング戦略の立案

まず同社は、ターゲット層を「健康志向が高く、こだわりの食品を求めるシニア層」と定めました。自社の強みは、"創業以来変わらぬ伝統の製法"と"新鮮な地元食材の使用"にあると分析し、これらをアピールできる戦略を立案しました。

また、企画初期には資金面での課題が浮かび上がり、予算不足のため補助金を申請し、サイト構築費や宣伝広告費に充てることにしました。この補助金を通じて、必要な資金を確保し、プロジェクトの実現が可能となりました。

Webマーケティングの知見のある制作会社に依頼して、Webサイトには、創業の歴史や製造風景、工場周辺の自然豊かな風景写真を掲載しました。さらに、ブログでは食材の産地紹介や伝統の製法の魅力を詳しく解説し、読者の理解を深める内容を提供しました。SNS上では、製品やイベントの最新情報を共有し、地元食材を使ったレシピ動画も定期的に投稿することで、フォロワーとのエンゲージメントを促進しました。

Webマーケティングの展開

フォロワーが徐々に増えるにつれ、全国からサンプル請求が届くようになりました。さらに、熱心な顧客に向けてメールマガジンを発行し、会員制の割引サービスを設けるなど、リピート購入に繋げる施策も行いました。

並行して、YouTubeチャンネルを開設。工場見学ツアーの様子や、食材の収穫風景などを編集した動画を配信し、商品やブランドの認知拡大を図りました。

一方、リスティング広告も活用。【無添加食品】【伝統の味】などのキーワードで、自社サイトへの誘導を促進しました。さらに、SNSでインフルエンサーマーケティングも実施。フォロワーの多いシニア層のインフルエンサーに商品を送付し、投稿してもらうことで認知度アップを目指しました。

結果と教訓

徐々にではありますが、上記の一連の施策が奏功し、全国からの注文が増えていきました。予算は決して潤沢ではありませんでしたが、デジタルツールを低コストで活用し、地道に活動を継続したことで、全国区への飛躍を実現できました。

この事例では、自社の強みを分析し、ターゲットに合わせてストーリー性のあるブランディングを行ったことで成果を出すことができました。また、デジタルならではのさまざまな手法を組み合わせ、継続的に情報発信を行うことで、結果的に高い認知度と顧客ロイヤルティの向上に繋がりました。

リソースが限られていても、Webマーケティングの戦略的な活用により、地方の小企業でも全国展開を果たせる可能性は十分にあります。あなたの会社でも、こうした取り組みに着手してみてはいかがでしょうか。

金属加工メーカーの失敗事例

Webマーケティングの取り組みでは、成功だけでなく失敗からも多くを学ぶことができます。

以下は、小さな会社がWebマーケティングで直面する可能性のある一般的な失敗と、それから得られる教訓です。

創業100年を超える老舗の金属加工メーカーB社の主力製品は半導体製造装置の部品で、大手電機メーカーに納品していました。近年はSDGsなど環境配慮への高まりから、金属の代替素材への需要が高まり始めていました。

そこで同社は次の一手として、セラミックス素材の部品開発に着手しました。従来の金属加工技術を活かしつつ、環境に優しい新素材製品を投入することで新規需要の取り込みを目指したのです。

Webマーケティングの失敗

新製品のプロモーションにあたり、同社は社内リソースのみでWebマーケティングを本格的に活用することにしました。

しかし半年が経っても思うような反応が得られず、苦戦を強いられました。失敗の主な原因は以下の3点でした。

1.ターゲットが不明確でした
見出しを活用することで、文章の構成が分かりやすくなり、読者が内容を把握しやすくなります。

2.効果的なコンテンツを作れていませんでした
ホームページに新製品の概要は掲載したものの、セラミックス素材そのものや同社の環境配慮に対する取り組みは十分に訴求できていませんでした。そのため、潜在顧客の問題意識を掴めていませんでした。

3.適切な施策の組み合わせができていませんでした
SEO対策、ソーシャルメディア、デジタル広告といったWebマーケティングの各施策を行っていましたが、それぞれの目的や役割が不明確でした。結果的に効率の悪いスクラップアンドビルドを繰り返していました。

失敗から学んだ後の改善策

このような失敗を重ね、B社は次のようなステップを検討しました。

まず、ターゲットを「環境負荷低減を経営方針に掲げている電機メーカー」と明確化しました。そしてそのニーズに合わせて、省エネや製品の小型軽量化の観点から自社製品の強みをストーリー化しました。

Webマーケティングの知見を持った制作会社に相談して、Webサイトには製品紹介に加え、セラミックス素材の意義や同社の環境理念を詳しく解説しました。さらにブログでは環境問題への取り組みをテーマにした記事を定期的に発信しました。

各施策の役割分担も明確にしました。Webサイトで製品情報を整え、SEO対策としてブログで問題意識の共有を図り、問題に対しての解決策を提示、デジタル広告で製品への誘導を図るといった連携を意識しました。

加えて、デジタル施策の効果測定の仕組みも整備しました。Webサイトの滞在時間やページビュー数、また営業からの声などのデータを基に、コンテンツの改善やプロモーション予算の最適化を行いました。

このようなPDCAサイクルを繰り返した結果、顧客のニーズに合ったコンテンツ発信とプロモーションができるようになりました。半年を経過すると、問い合わせ件数が増え、セラミックス部品の受注が徐々に上向いていったのです。

失敗から学んだ経験が、この会社の新たな飛躍につながった好例です。

スモールスタートではじめる?
ビッグスタートではじめる?吹き出し

Webマーケティングは、小さな会社にとっても大きな機会をもたらしますが、その取り組み方にはスモールスタートとビッグスタートの二つのアプローチがあります。

スモールスタートは限られた予算で慎重に市場を試しながら進む手法で、事業の成長に合わせて段階的に規模を拡大できます。これに対して、ビッグスタートは大きな初期投資を行い、迅速に市場占有を目指し、ブランド認知と市場シェアを獲得する戦略です。

企業の目標、ビジョン、リソースに応じて、どちらの方法を選択するかが決まりますが、いずれもあなたの会社にとって最適な戦略を選ぶことが重要です。

スモールスタート

スモールスタートは少ない初期投資で始めることができるため、経営に大きな負担をかけずに市場の反応を探りつつ進めることが可能です。小規模ながらも質の高いコンテンツを制作し、ターゲット顧客に焦点を当てたマーケティング活動により、徐々に効果を積み重ねていくことができます。

PDCAサイクル(Plan-Do-Check-Act)を回し、施策の効果を細かく検証しながら、必要に応じて計画を調整することにより、限られた予算内で最大限の成果を引き出し、リソースを効率的に活用できるでしょう。

また、小さな成功を積み重ねることで得られるデータと経験は、後のマーケティング活動において貴重な財産となります。スモールスタートから得た学びを基に、段階的に規模を拡大していけば、初めは小さくても、着実に積み上げていくことで、長期的には大きな成果を達成できるでしょう。

こんな方におすすめ

1.予算が限られている
最初から大きな資金を投じることが難しい場合、少額から始められるスモールスタートは理想的です。

2.試験的にアプローチしたい
市場の反応をテストするための試験的なプログラムとして、小規模なキャンペーンを実施できます。

3.段階的に進めたい
Webマーケティングに関する知識や経験が少ない場合、小さいステップから始めて徐々に学習し、スキルを磨けます。

4.リスクを最小化したい
初期投資を抑えることで、もし失敗したとしてもビジネスへの影響を最小限に抑えられます。

5.柔軟性に対応したい
市場の変化や顧客フィードバックに基づき、施策を素早く調整できます。

ビッグスタート

一方で、ビッグスタートを選択することで大きなメリットも得られます。

近年、良質なコンテンツを大量に生産して、配信と拡散を強化し、適切なCTA(行動喚起)を設けることで、確実に成果を上げる企業が増えています。

ただし、この戦略が成功するには、自社内で価値あるコンテンツを量産し提供できる体制が整えられていることが前提条件です。

すでに多くの競合企業がコンテンツマーケティングに参入している業界の場合では、小規模な投資では波に乗り遅れる可能性があるため、限られたリソースのスモールスタートでは競合との差別化が困難で、市場で顕著な優位性を築くことは難しくなります。

また、現代のユーザーは限られた時間の中で多くのコンテンツの中から選択を行います。スマートフォン上のアプリや動画配信サービスとも競合しており、中途半端なコンテンツでは注目されず、成果に結びつきません。

まそのため、大きな成果を望むのであれば、初期段階から積極的に資金を投入し、徹底的にコンテンツ制作を行い、市場での存在感を示す必要があります。

まこのアプローチはリスクを伴いますが、大きなリターンを狙うためには、一定のリスクを受け入れ、ビジョンに応じた投資が必要です。小さな会社でも、ビッグスタートを選択することで、競争の激しい市場で一歩リードするチャンスをつかむことはできます。

こんな方におすすめ

1.十分な予算がある
大規模なキャンペーンを展開し、市場でのインパクトを高めるには、十分な予算が必要です。

2.高い市場競争がある
市場にはすでに強力な競合が存在し、注目を集めるためには大きな投資が必要です。

3.迅速な市場占有が求められる
速やかに市場シェアとブランド認知の確立が求められる場合に適しています。

4.既存の顧客基盤がある
既に顧客基盤が存在し、それを拡大したい場合、ビッグスタートで迅速な成果が期待できます。

5.クリアなビジョンと戦略がある
ビジネスの方向性が明確で、大規模投資が正当化される場合、ビッグスタートは大きな効果をもたらします。

まとめ吹き出し

Webマーケティングは、小さな会社にとっても、事業拡大の大きな可能性を秘めています。成功への道は一直線ではないかもしれませんが、適切な戦略を立て、継続的に取り組めば、さまざまな課題を乗り越え、成功を収めることができるはずです。

まず何より大切なのは、Webマーケティングの基礎知識をしっかりと身に付け、自社に最適な戦略を見つけ出すことです。マーケティングには明確な目標設定、ターゲット顧客の正確な把握、そして魅力的なコンテンツ提供が不可欠です。

予算に制約がある場合でも、コスト効果の高いマーケティングツールを導入したり、国や自治体の補助金・助成金などの活用で対応できます。さらに、専門的な知識が必要な分野ではアウトソーシングを検討するのも一案です。

また、デジタルマーケティングの環境は絶えず変化しているため、常に最新の動向を学びつづけ、AIなどの新しい技術を取り入れ、失敗からも教訓を得て、それを次の成功に活かす柔軟さを持つことも大切です。

Webマーケティングは単なる製品・サービスの宣伝ツールにとどまらず、顧客との絆を深め、ブランド価値を高める有効な手段でもあります。

小さな成功を積み重ね、持続的な事業成長を実現し、将来に向けた安定したビジネスを築くためにも、ぜひあなたのビジネスにWebマーケティングを取り入れてみてください。

新たな売上向上への道を切り拓くためにも、今日からその一歩を踏み出しましょう。

Webマーケティングに関するよくある質問吹き出し

A.アール株式会社では、お客様のニーズと予算に合わせて、2つのプランをご用意しています。

・プラグ LITE:22万円~ 小規模サイトに最適です。(SEO対策済のブログ記事が1記事付きます)
・プラグ STANDARD:55万円~ 集客機能を強化したい方におすすめです。(SEO対策済のブログ記事が3記事付きます)

詳細な料金は、無料相談にてお見積りいたしますのでお気軽にご連絡ください。

A.はい、地方の中小企業でもWebマーケティングは非常に効果的です。

インターネットは、地域を超えて顧客にアプローチできるため、
地方の中小企業でも全国規模で事業を拡大することができます。

A.SEO対策は、お客様のサイト規模や競合状況、目標によって費用が異なります。
まずは無料相談にて現状を把握し、最適なプランをご提案いたします。
一記事5万円~のプランをご用意しております。

A.アール株式会社では、ホームページの運用・更新もサポートしています。
お客様のご希望に応じて、必要な範囲をサポートいたしますのでご安心ください。

A.アール株式会社は、全国のさまざまな業界の企業に対応しております。
飲食店、美容室、小売店、製造業、サービス業など、
業種・規模を問わず、お気軽にご相談ください。

A.SEO対策の効果は、サイトの状況や競合状況、施策内容によって異なります。
一般的には、効果を実感するには数ヶ月から1年以上かかる場合もあります。
しかし、適切な戦略と継続的な取り組みによって、着実に成果を上げていくことができます。

A.自社でWebマーケティングを行うことは、専門知識や時間が必要となります。
特に、SEO対策やリスティング広告などの専門的な知識は、専門家に任せる方が効率的です。
アール株式会社では、お客様の状況に合わせて、最適なサポートを提供いたします。

A.アール株式会社のWebコンサルティングは、以下の8つの項目を網羅しています。

1.現状把握
2.サイト分析と各種設定
3.戦略立案
4.セールス提案
5.Webサイト企画
6.コンテンツ制作
7.効果検証・改善
8.運用・事業支援

詳しくはWebコンサルティングページをご確認ください。

A.はい、アール株式会社では、助成金・補助金の申請サポートも承っております。
お客様が申請できる制度を調査し、申請書類の作成をサポートいたします。

A.無料相談では、お客様の現状や課題、目標などを詳しくお伺いし、 最適なホームページ制作やWebマーケティングのプランをご提案いたします。
料金やサービス内容についても、詳しく説明いたしますので、お気軽にご質問ください。

デジタルの力で売上をつくる吹き出し

アール株式会社は、「デジタルの力で売上をつくる」をモットーに、デジタル化に不慣れな小さな会社を支援し、ホームページ制作からオンラインマーケティング支援までを行います。

低コストで導入しやすいサービスを提案し、お客様が自信を持ってデジタル化の一歩を踏み出し、売上を生み出すきっかけがつくれるようサポートします。

ビジネスを成長させ、売上を伸ばしたい方は、是非アール株式会社をご検討ください。

以下のサービスもご提供しています:

ホームページ制作の相談や各種お問い合わせもお気軽に。私たちと一緒に、デジタル技術を活用して売上アップの新たな道を切り開いてみませんか?

SEOに強いホームページ制作から公開後の更新・管理・分析まで、初めてのWebマーケティングに必要なサービスがまるっと1つに!PLUGは、ホームページ運用初心者がホームページをつくってマーケティングに取り組むのに最適なサービスです。

Webマーケティングを
成功させるためのコラム一覧

小規模事業者のデジタルマーケティングの課題と解決のヒントを徹底解説!のアイキャッチ

小規模事業者のデジタルマーケティングの課題と解決のヒントを徹底解説!

PLUGの特徴_タイトル

Webマーケティングに最適化させたホームページ制作と徹底した保守(アフターサポート)|PLUGのホームページの特徴と戦略

Webマーケティングのためのホームページ設計ガイド_タイトル

Webマーケティングのためのホームページ設計ガイド:デザイン、UI/UX、SEO、コンバージョン最適化、コンテンツマーケティングまでの9つの要素

コンテンツマーケティング_初心者向けガイド_ogp

コンテンツマーケティングとは?プロが解説する初心者向けガイド

Webマーケティング

Webマーケティングとは?基礎知識と効果的な戦略を理解する

ホームページ制作の選択肢_メリット・デメリット_OGP

ホームページ制作の選択肢|自分で作る?or プロに依頼する?-メリットとデメリットを比較します

Webマーケティングのアール_ブログの効果的な実践方法_OGP

ブログマーケティングの効果的な実践方法

Webマーケティングのアール_Webマーケティングのための10の施策_アイキャッチ

中小企業がWebマーケティングを成功させるための10の施策

解析ツール_concent(コンセント)

ホームページ構築後、小規模事業者のマーケティングになぜWebマーケティングツール『concent』が不可欠なのか

Webマーケティング_営業プロセス1

Webマーケティング施策を営業プロセスに乗せて考えてみた。ネットとリアルが手を組めば会社の売上は確実に上がる!

目標設定で必要なKPIとKGIとは?

コミュニケーション戦略1

Webマーケティングを中心としたアールのコミュニケーション戦略を徹底解説!


Webコンサルティングについて

私たちは、1年を通してじっくりとWebコンサルを行います。

1年間の取り組みを見る